BRASIL S.A.M Soccer Association Matsuoka

アルゼンチン・ブラジル・パラグアイへのサッカー留学なら、信頼と実績のブラジルサムへ

Topお問い合わせ・資料請求サイトマップ
メッセージ
TOP > メッセージ > 山下翔大さん
 
Kさんのメッセージ [留学先:サント・アンドレ(C.B.F ブラジルサッカー協会2部)]
練習スタジアム

ブラジルに来てみて分かったこと

まず、どれだけテクニックがあろうとも、どれだけスピードがあろうとも、フィジカルがなければ、サッカーでは生きていけないということがまず一番にわかりました。それは、実は僕にとっては一番絶望的だった答えでした。なぜかというと、僕は日本にいるときは「テクニックが全てを支配する」的な考えでサッカーをしてきたからです。

こちらに来てみると、想像を絶する程、みんな、体は大きくフィジカルは強く、僕以上のテクニックを持っていました。そして、ワザや、スピードを使う時には、使ってる途中や、前に体をうまく強く使っていました。僕自身も実際、みんなと同じくらいにやるんだと思い、テクニックに頼りながらドリブルを展開してみては、こっちの人に吹っ飛ばされてはと、何回も繰り返しました。それが成功したのは数える程です。このようなことから、こっちでは、まずフィジカルが大切なことを学びました。

つぎに、こちらの人は、みんな、ディフェンス側に立ったときも、オフェンス側に立ったときも、緊張感と圧迫感が日本とは全くちがいます。

最初、ぼくは、それでつぶされたことも少なくありませんでした。いつ来るか分からない相手の攻撃。相手の足が少し動くだけで、大きくつき放されることもありました。なによりも、相手がいつ動くか、どこに動くか、とかをいつも考えなくてはならないから、緊張感はずば抜けています。日本は、相手と敵対しても、ワザのレパートリーが少ないことは分かっていたので、簡単に予想がつきますが、ブラジル人はなぜかキーパーもDFからFWまで、実に幅広いワザのレパートリーを持っています。しかも、向こうには強いフィジカルもあります。ディフエンス側として、これ以上不利な状況はないと思える程です。

いつとりにくるか分からない相手のディフェンス。確かに、数メートル放れていても、少し油断するとボールを取られてしまうという思いを抱く程の圧迫感も、日本にいた頃とは段違いでした。こちらがフェイントをかけると、向こうのディフェンスも体を動かして当たりにくる。しかもそのアクションが全く分からないから本当に恐いし、どこにいようとすぐ近くにいるような思考を持ってしまう程圧迫感もある。オフェンス側でこれ以上嫌な状況はないと思います。もし、フェイントが成功してもすぐ追いつき、すぐカットされてしまいます。でも、大抵はフェイントをかける前につぶされてしまいました。このようなとこも、全く日本とは違いました。

でも、いくら上のようなことがあったって、プロのJリーグでも、それ以上の緊張感、圧迫感は必ず持っていると思います。だから、多分僕の考えの「日本なら通用するが、海外では、分からない」というものは間違っているとおもいます。今のまんまじゃ、本当に多分プロにも(日本)行けないと思います。でも、あくまで今のまんまでないです。

僕は、こっちの人のプレイを見て、確かにすごいとも思ったし、レベルが違ううとも思いました。しかし、到達できない程のレベルだなどとは1回も思えませんでした。それは、こっちに来て、初めて目の当たりにしたSUB−17の1番上手いとされる人の見たこともないリフティングテクニックの1つを、1つだけだけど4日間夜の1時間半それだけに費やしてたら出来るようになってしまいました。これは、初め無理だと分かっていても、あきらめきれない自分がいて、それで、出来るか分からないけどがんばってみたら、奇跡のように自分のものにできたとという、まあ努力です。

僕が到達できないレベルではないと思えたのは、過去にも、日本でウェーブリフティングという高度なテクを、努力で身につけられたという経験があったからです。

この経験が、今の僕の精神的な支えとなっています。努力さえおこたらなければ、何でもできるようになると、今の僕の前に努力とあきらめの2つの道があります。僕は前までは、ブラジルのレベルを初めて目のあたりにしたときは、強がりで努力を選び本心ではあきらめを選んだとおもいます。でも、あれから少し経ち考えが変わり、今では本心で努力の道を選びます。

そして、いつか40歳になる前には必ずプロデビュー(世界)しはばたき、経験だけでもと、無いお金を家計も苦しくしながらこの留学に出してくれた両親に、絶対ラクをさせてあげます。がんばります。

『最後に』 僕の今の夢は世界一のサッカー選手ですが、いまのままじゃ、日本一も、関東一も、栃木県一も分かりません。でも、僕はこれからも今も絶対あきらめません。僕の夢は、今じゃ僕だけのものではなくなりました。気づかないうちに家族の夢となり、僕の夢の話を聞いてくれた人の夢ともなってきていました。だから、もちろん自分のためにも、そして、僕を応援してくれてる人のためにも、絶対、世界一の夢を叶えてみせます。

ブラジルサム10周年企画 ブラジル5大クラブチームに挑戦しませんか?「コリンチアン」テスト生募集!! 詳しくは