BRASIL S.A.M Soccer Association Matsuoka

アルゼンチン・ブラジル・パラグアイへのサッカー留学なら、信頼と実績のブラジルサムへ

Topお問い合わせ・資料請求サイトマップ
メッセージ
TOP > メッセージ > 山本和明さん
 
山本和明さんの体験談
 まず技術的な面ではトラップの違いを上げられると思う。ただ止める点でも、ボールの勢いを殺すのがうまく、インサイドのトラップはボールをキャッチするように直前でやわらかく包み込むように引き、日本人は中央でやっている事の多い胸トラップも、右と左で使い分け、勢いを殺すのがうまい。当然勢いを殺し足元にボールを止める事ができるため、相手の動きを最後まで見て相手のいない方へボールをトラップする事ができるところが、ブラジル人のトラップのうまさだと思う。僕はトラップがブラジル人と日本人の一番の違いだと思ったので最初に書いたけれど、ブラジル人から見ると日本人にはずる賢さがないように見えるらしい。これは、ブラジル人はボールをキープする時必ず手を広げて敵とボールの間に自分の体を入れて、相手の足がボールに届かないようにするが、日本人は手を使わなかったり、すぐけってしまう。さらにこれはトラップで相手のいない方へボールを動かすのと関係するけれど、ブラジル人は次のようにプレーをする。
  トラップで相手のいない方へボールを動かし、敵が近くにいるときは今言ったように手を広げボールを敵から遠い位置にキープして相手をよく見て敵がきた方と逆の方面へボールを動かす。さらにドリブルをしてる時に敵がよってきたら、手を広げ相手を押し、相手が自分の足元に入ってこれないようにするのが上手だと思う。僕もブラジルでディフェンスしてる時、何度も手で押されたことを覚えている。それくらいブラジル人の使い方は上手だと思う。
  次に精神面で感じた事は、遠慮せず、ミスをしても強気でいる必要があるということだと思う。これは友だちのブラジル人が言っていた事で、日本人はプレーに自信を持っていないということで、ブラジル人に文句を言われ実際に技術に差があるため日本人が弱気になっていることも事実で、僕がブラジル人にブラジル人は文句が多いからだと言ったところ、そのブラジル人の答えは「だからブラジルは世界一なんだ」というもので、彼が言うにはお互いサッカーに強い熱意を持ってるから出る文句で、お互いを高めあい強気でプレーするためで、日本人はお互いを尊敬しすぎだからダメなんだというものであり、日本人だからと言って遠慮することはないし、ミスはブラジル人もするわけで、いちいち気にする必要はないし、文句を言い返すぐらいでないとブラジルではやっていけないと感じた。
  あと、これはブラジルにすぐ慣れるための方法だけれど、言葉を話せるにこしたことはないけれど、話せなくても積極的にブラジル人に話すことで名前も覚えてもらえるし、友だちになって一緒にボールで遊ぶことでブラジルのサッカーも吸収するのがはやいし、言葉もはやく覚えることができると思う。日本では考えられないことだけど、ブラジル人は名前の知らない日本人を平気で「ジャパ」とか「ジャポネス」とか呼んでくるので、これではブラジル人との間に距離がうまれてブラジル人やブラジルのサッカーの本質にせまることはできないと思う。
  最後にこれはブラジルに留学するほとんどがあてはまるけれども、自信を持つことは大切だけどそれが過信になっていることで、過信者は、ブラジル人と自分との差に気がつかず、結局長い期間いても成長はしないと思う。さらにブラジル人のテクニックばかり目がいき、大事な「ボールを止める」「ボールを蹴る」という基本的な点をおろそかにしがちなところがある。
  自分の実力を知ることで僕も成長できたと今改めておもうし、大切な点だと思う。
ブラジルサム10周年企画 ブラジル5大クラブチームに挑戦しませんか?「コリンチアン」テスト生募集!! 詳しくは